ラブグラに副作用はある…?

性交痛や不感症に悩む
多くの女性を救っているのが、

女性用バイアグラである“ラブグラ”です。

女性器周辺の血流を良くして
性的な興奮度を高めてくれます。

ただ、こういった飲み薬で気になるのは
“副作用”ではないでしょうか?

最初に知っておきたいのは、
ラブグラは媚薬ではないということ。

普通量を飲んで意識がもうろうとする…
なんてこともありませんし、

性的な刺激がない限り、
体も反応しません。

5時間ほど効果は持続しますが、
その間も普通の生活を送れますので
安心してくださいね。

よく報告されている副作用には、

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 胃もたれ
  • 動悸
  • 鼻づまり
  • 喉の渇き

などがありますが、薬の効果が切れると同時に
症状もなくなることがほとんどです。

ただし注意したいのが他の薬との飲み合わせ。

例えば、
ニトログリセリン(硝酸剤)を含む薬や
不整脈に使用する薬と併用すると、
低血圧を引き起こす恐れがあります。

また、性感染症治療薬などを服用している場合も、
薬の効果を強めて副作用を起こす危険性があるため
服用を控える必要があります。

アルコールやカフェインも、
一緒にとるのは控えた方がベスト。

安全に効果を得るためにも、
必ず用法用量を守って、
コンプレックス解消に役立ててくださいね。

ラブグラ 通販