ジスロマックはどんな薬?副作用はある?

“ジスロマック”という薬は
知っている人も多いのではないでしょうか。

抗菌薬・抗生物質の一種で、
さまざまな感染症に効果を発揮する薬です。

例えば、肺炎や気管支炎などの
呼吸器の感染症、
マイコプラズマやクラミジア感染症にも有効です。

ウイルス性の風邪によるしつこい咳や、
歯ぐきに炎症が起きる歯周病にも
効果を発揮します。

幅広い病気に効くジスロマックですが、
気になるのが“副作用”ですよね。

ジスロマックは優秀な医薬品ではありますが、
実は副作用の出やすい薬でもあります…。

特に多いのは腹痛や下痢などの症状です。

病院で処方されるときは
整腸剤も合わせて処方されるほど。

その他に、吐き気、眠気、食欲不振や倦怠感などを
感じるケースもあるようです。

こういった副作用を起こさないためには
飲み方に注意することが大切です。

ジスロマックを飲むのは空腹のときがベスト。

食後は最低でも2時間以上経過してから、
服用した後も2時間は食事を控えるようにします。

ジスロマックを通販サイトで購入する場合は
副作用が起きても自己責任となります。

正しい飲み方を把握して、慎重に服用してくださいね。

ジスロマック 通販

ラブグラに副作用はある…?

性交痛や不感症に悩む
多くの女性を救っているのが、

女性用バイアグラである“ラブグラ”です。

女性器周辺の血流を良くして
性的な興奮度を高めてくれます。

ただ、こういった飲み薬で気になるのは
“副作用”ではないでしょうか?

最初に知っておきたいのは、
ラブグラは媚薬ではないということ。

普通量を飲んで意識がもうろうとする…
なんてこともありませんし、

性的な刺激がない限り、
体も反応しません。

5時間ほど効果は持続しますが、
その間も普通の生活を送れますので
安心してくださいね。

よく報告されている副作用には、

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 胃もたれ
  • 動悸
  • 鼻づまり
  • 喉の渇き

などがありますが、薬の効果が切れると同時に
症状もなくなることがほとんどです。

ただし注意したいのが他の薬との飲み合わせ。

例えば、
ニトログリセリン(硝酸剤)を含む薬や
不整脈に使用する薬と併用すると、
低血圧を引き起こす恐れがあります。

また、性感染症治療薬などを服用している場合も、
薬の効果を強めて副作用を起こす危険性があるため
服用を控える必要があります。

アルコールやカフェインも、
一緒にとるのは控えた方がベスト。

安全に効果を得るためにも、
必ず用法用量を守って、
コンプレックス解消に役立ててくださいね。

ラブグラ 通販

トリキュラーにはどんな効果があるの?

低用量ピルの中でもメジャーなのが
“トリキュラー”です。

低用量ピルというのは、
いわゆる“避妊薬”と呼ばれるものですね。

トリキュラーには、
排卵をストップさせて望まぬ妊娠を防ぐ効果があります。

正しく服用していれば、
ほぼ完全な避妊が可能です。

その他にも、
トリキュラーにはいろいろな効果があるんですよ。

避妊の次に代表的な効果と言えば、
生理周期の調整です。

服用を開始するタイミングを調整すれば
生理を遅らせることができます。

またトリキュラーには
ホルモンバランスを整える働きがあるため、

生理前のイライラやうつ、
貧血、生理痛など、
女性特有のトラブルの緩和も期待できます。

トリキュラーに含まれる女性ホルモン(エストロゲン)には
皮脂の過剰な分泌を抑えたり、
コラーゲンの生成を促す働きがあるため、
肌荒れ防止や美肌効果も期待できるんですよ。

ただし、このようなメリットだけではないということも
覚えておきましょう。

トリキュラーは吐き気や
軽いつわりのような胃のもたれなどの
副作用も起きやすいです。

過剰に摂取すれば、
かえってホルモンバランスを乱すことにも繋がります。

用法用量を守って、
うまくトラブル回避に役立ててくださいね。

トリキュラー 通販